2019年11月10日

「響き」

DSC_0640.JPG

今日のテーマは「響き」

音楽に携わる身としてずっと関わるテーマ。

20代前半は「音楽」を皆でセッションするのに夢中になっていた。「響き」に注意するようになったのは、30代中頃〜後半だろうか。自分で声を出すことになったのがきっかけかもしれない。

「楽曲」と「響き」は私にとって、これからずっと関わるテーマなので、大変有意義な対話になる。深く掘り下げる時、今までと違う意識・感覚を伴う。私にとってノイズも大変興味深いものであるし、結局のところ、人それぞれ響くポイントが違うのがまた面白い。


最初に浮かんだのが、声を出す時に体に響く、空間に響く、その響きに耳を傾け追っていく、何かに共鳴し、焦点があうような、そんなイメージだった。

AKと掘り下げていて「響き」には時間と空間の概念があるねといわれ、
私の中で空間概念があまり意識されていなかったことに気づき、今後の課題となる。


以下対話まとめ


「響き」という言葉には、「空間」と「時間」という本来一つなのに便宜上分けられてしまった概念を、本来の一つの状態に戻す働きがある。

情報工学で言うと、「ノイズ」の反対は「データ」である。だから、響かせる、響きあう、心に響く、といった作業は、ノイズからデータを引き出す作業だ。人はノイズと響きあうのではなく、データと響きあう。ノイズは響きあいを邪魔するものである。ノイズがデータに変わる瞬間がいわゆる「ツボにはまる」という瞬間だ。

便宜上バラバラになってしまっているものを本来の一つの状態に戻したり、あるいはノイズからデータを引き出すといった作業を個人レベルで行うことは、結果としてセルフセンタリング作業になる。つまり自分が本来あるべき状態に戻るという事である。

まとめると、「響き」という現象には、三つの重要な要素が含まれる。

一つは、空間と時間の統合。
もう一つは、ノイズからデータを引き出す事。
三つめはセルフセンタリング。
【キーワードの最新記事】
posted by sukekumi at 14:12| Comment(0) | キーワード

「祈りとは」

DSC_0686.JPG

11/22 水の祷り 光の舞と響き のイベントに向けてAKと共に、キーワードを抽出してそれについて二人で対話をしています。それは夢の読み解きをする感覚で興味深い。それを少しずつ紹介します。


「祈りとは」

朝からAKと祈りとは何か、とディスカッション。
祈り、というと願いを叶える、みたいなイメージがあるが、
私は「自分との約束」と言ったら、AKはそれは内向きだねと、外向きのベクトルもある、という話になった。
その後AKがなるほどと思うことを言う。


祈りも夢も瞑想も、扉を開けることだ。

その扉は、ひとつではないし、ひとりひとり違う。

それは解放であり、鳥かごから出て、より高い視点からすべてを眺めることです。

扉を開けるためには、扉の存在に気づく必要があり、扉を探し続ける作業が不可欠です。

しかし皮肉なことに、扉を探している間は見つからない。

扉の向こう側に出た瞬間に、あー、自分は今、扉をくぐったのだ、と気づく。


#祈り #対話 #解放 #夢 #瞑想
posted by sukekumi at 14:08| Comment(0) | キーワード

2019年10月29日

11/22 水の祷り 光の舞と響き

♡満員御礼♡月nocoさんのランチの分も含めて、おかげ様で定員に達しました。13:30以降のライブ、ワークショップの方でプラスαの数名増員の予約を承ります。それに伴い午後参加まとめての参加料をご案内。お早めにご予約お願いします。
*午後参加まとめて(13:30〜16:30)¥4700(ライブとワークショップお茶付)
那須山も初冠雪、茂木も寒いかしら…あたたかな装いでご参加下さい。

*******************************

14720556_102081213599099_3620027215087504147_n.jpg

今年で三年目の光の舞Amiさんの関東ツアー。
お声を掛けて頂いたのが9月末。

11月22日のコーディネートを頼まれました。21日は西那須野で光の舞瞑想ワークショップをされるというので、那須以外を候補地に考えていたところ、ふと頭によぎった風悦(栃木市在住)さん。以前獏原人村のお祭りでフクロウ長老語りと歌のライブをした時に、「とても良かった」と声を掛けて下さった方だ。

彼女に協力を仰いだところ、快く引き受けてくれ、話は風悦さんから、お知り合いの五月女尚子さん(茂木町在住)にも伝わり、私(助川)も含めて、今回は四人の女性たちのコラボへ。

そんな矢先、台風19号があり、それに続く大雨も・・・。
栃木県民である私たちにとって身近な存在である那珂川も氾濫し、風悦さんを含め、知り合いも被害に遭い、

テーマは必然的に「水への祷り」に・・・

様々な思いがひとつになって、舞い、祷り、奏で、歌う、という盛沢山のイベント内容になりました。

rect4540-5-1.png

「11/22 水の祷り 光の舞と響き」

10:30 かごめらぼ 集合
11:00 小さな祠で祷り
11:30 移動 途中那珂川の川沿いで祷り
12:30 ランチ @月noco
13:30 ライブ「〜水への祷 舞 和 音〜」
14:15 休憩
14:30 ワークショプ「光の舞 .Ami. 瞑想ワーク〜」
16:00 シェアタイム
16:30 終了

予約・定員9名


◎午前中祷り  五月女尚子(ナビゲート)

◎ライブ「〜水への祷 舞 和 音〜」について
Ami(舞い) 
五月女尚子(「天地(あわ)結い和す舞」「君が世の舞」の祷り)
風悦 natsumi(自由自在のお話し と 浄音 )
助川久美子(オリジナル曲弾き語り)

*浄音とは聖なる音色を奏でる様々な楽器を用いて行う祈りと浄化のための演奏です。

◎ワークショプ「光の舞 .Ami. 瞑想ワーク」
光の舞Ami(ナビゲーター)感情の浄化 解放から 水への祷りの舞

舞は魂の解放
舞うとき
宇宙のおおいなる源と
つながります

今回のテーマは水
呼吸法 瞑想 舞で
私達の体を流れる水
感情 気の流れを浄化 
活性化して
自分自身の魂の光と出会い
神秘の力 月とつながり 
水への祷りを舞います

今まさに
みんなで祈ること
みんなで意識をあわせることの大切な時
意識をあわせ
地球にむけて
愛を送り舞いましょう

舞の初心者の方でも
大丈夫です
魂を浄化活性化して
自分自身の光と出会う
ワークショップです


<会場>
◎午前中集合場所 
かごめらぼ 〒321-3556 栃木県芳賀郡茂木町大字町田737
https://www.facebook.com/pages/%E3%81%8B%E3%81%94%E3%82%81%E3%82%89%E3%81%BC/13034864403822689%E3%81%BC/130348644038226

◎ランチ以降 
月noco 〒321-3707 栃木県芳賀郡茂木町大字 小深1362
https://www.facebook.com/tukinoco2018/


*参加費
トータル参加¥¥5500(ランチ・お茶付)

*部分参加
ランチ ¥1000
ライブ ¥2300(お茶付)
ワークショップ ¥3300(お茶付)

参加ご希望のパートを明記の上、こちらよりお申し込み下さい。



光の舞Amiさんは、和歌山県熊野・那智勝浦に住みながら、 森羅万象に身をまかせ、生き方そのものを舞い、日本各地でコンサートや奉納舞をしている。

72063505_2626420134090350_1575750606717452288_n.jpg

風悦さんは、浄音演奏および祈りの舞をセレモニーユニット ❛あめのうきはし❜で各地の神社・仏閣にて奉納をしている。

58588452_10213432145267959_8702684883748651008_o.jpg

五月女尚子さんは、色々な方とのワークショップコラボにプチマルシェなどを通して、皆さんの才能と繋がり合うことで暮らしの文化を協同創造していけるヨガクラスを目指している。


Amiさんも風悦さんも尚子さんも、祈りと自然とともに生活をしている本当に素敵な人たち。。。

すでに予約が入っていますので、お早目のご予約お待ちいたしております。




posted by sukekumi at 18:16| Comment(0) | ライブ情報
タグクラウド